×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氏名

福田 正博
よみ ふくだ まさひろ
生年月日 1966年12月27日
出身 神奈川県横浜市
血液型 AB型
身長 176cm
体重 68kg
ポジション FW/MF
利き足
背番号 非固定(1992〜1996)
9
(1997〜2002)
コメント

ミスター・レッズ、大将。

スピードに優れたゴールハンター。ボールコントロールが卓越しており、ポジショニングも良い。ファウルでしか止められないことも多く、みずから得られたPKをきっちり決める。

1993年10月18日、W杯アメリカ大会最終予選、対イラク戦、「ドーハの悲劇」と呼ばれた一戦でピッチに立つ。

1999年最終節、90分以内の勝利がJ1残留の条件だったが、延長戦に突入。延長Vゴールを福田自身が決めて勝利するも、J2陥落が確定となった。勝利したことに喜んで抱きついてきた池田学を振り払って涙に暮れた。このVゴールは、サポーターに「世界で一番悲しいVゴール」と呼ばれた。

2002年、セカンドステージ名古屋戦のヒーローインタビューで「負けないよ」と発言。大いにスタジアムを沸かすが、その後公式戦13試合無勝利。レッズサポーターにとってこの言葉は禁忌とされる。同年に35歳で現役を引退。引退記者会見では、思わず涙する一幕もあった。

2003年6月15日に行われた引退試合には、5万170人のサポーターがスタジアムに詰め掛けた。現在はサッカー解説者、日本サッカー協会アンバサダー、浦和レッズハートフルクラブ特別コーチを務める。サッカー史に歴史を残す一人。

所属暦 横浜市立十日市場小学校
藤沢市立大庭中学校
相模工業大学(現在の湘南工科大学)附属高校
中央大学
三菱重工業サッカー部
浦和レッドダイヤモンズ
出場試合数 J1:216試合 J2:12試合
得点数 J1:91得点 J2:2得点
代表暦 国際A代表45試合出場 9得点
1990年7月27日、ダイナスティカップの対韓国戦で代表デビュー。
1992年8月24日、ダイナスティカップの対中国戦で代表初得点。
1993年、W杯アメリカ大会予選
タイトル
1995年、Jリーグ得点王32得点(50試合)
1995年、ベストイレブン
1995年11月、アジアサッカー連盟(AFC)月間最優秀選手
コール
オー オーオオ フクダ!
ゲットゴーォル フクダ!