×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氏名

柱谷 幸一
よみ はしらたに こういち
生年月日 1961年3月1日
出身 京都府京都市
血液型 B型
身長 178cm
体重 75kg
ポジション FW
利き足  
背番号

非固定(1992〜1994)

解説

日本リーグ時代から、日産自動車で活躍していた日本代表FW。1992年に浦和レッズの監督となる森孝慈に請われて浦和レッズに移籍。

1992年、ナビスコカップ、天皇杯で大爆発。Jリーグでの活躍を期待された。

1993年、Jリーグ開幕の年は、出場するもののゴールを量産できず、翌年6月にJFLの柏レイソルへ移籍。

1996年、現役引退。

1999年、S級ライセンスを3ヵ月で取得。

2001年、J2モンテディオ山形の監督に就任。3位でシーズンを終えるなど、監督としての采配もすばらしいものがあった。

2004年、チームの不振とスキャンダル問題が起こり、前年で山形の監督を解任され、フリーだったところ、出身地でもある京都のチーム、京都パープルサンガの監督として就任。翌年、J2優勝し、J1への昇格を果たす。

2006年にはJ1での初采配を振るうも、第25節時点での成績が4勝6分け15敗、勝ち点18で16位と低迷し、降格圏内を抜け出せないでいたため、責任を取るという形で解任された。
奇しくも、第25節は京都ホームの西京極で浦和を迎え撃つ試合となり、チケットは完売、16,492人の観衆の中でプレーするも、1-5で京都は敗戦。古巣との対決で引導を渡されることとなった。

2003年〜2006年まで、浦和レッズのサテライト監督として指導していた柱谷哲二は実弟。

所属暦 選手歴
国士館大
日産自動車
浦和レッドダイヤモンズ
柏レイソル

指導歴
モンテディオ山形
京都パープルサンガ

出場試合数  
得点数  
代表暦 日本代表33試合 4得点
タイトル
1983年、日本リーグ新人王、日本リーグベストイレブン
1984年、日本リーグベストイレブン
1987年、日本リーグベストイレブン

1983年、天皇杯優勝(日産)
1985年、天皇杯優勝(日産)
1987年、日本リーグ、JSL杯、天皇杯優勝(日産)
1988年、日本リーグ、JSL杯、天皇杯優勝(日産)
1991年、天皇杯優勝(日産)

コール