×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氏名

クビツァ
よみ アンジェイ・クビツァ(Andrzej Kubica)
生年月日 1972年7月7日
出身 ポーランド
血液型  
身長 190cm
体重 85kg
ポジション MF/FW
利き足  
背番号

34(2000)

解説

イスラエルリーグ得点王がそのまま浦和レッズの救世主となるべく、期待のポストプレイヤーとして入団。
浦和レッズ入団当時は、足はあまり速くなく、俊敏な動きは苦手なため、オフサイドトラップにかかることが多かったが、フィジカルが強く、懐の広さとキープ力があり、視野も広かったので周囲を使うこともできた。

ロングボールへの対処は得意とは言えなかったが、中盤でボールをうまく繋げられるプレイヤーとの相性はよい。
ヘディングが強くなく、攻撃時に目立った活躍はなかったが、セットプレーの守備では、その高さからハイボールの弾き返しは多かった。

人柄がよく、ピッチ内でも頭に血が上ることは少なかったのか、警告は少なかった。


2000年、J2のシーズンを戦うにあたり獲得した。怪我もなく、シーズンを通して活躍し、J1復帰に貢献した。契約期間満了に伴い、退団した。

2001年、浦和レッズのJ1昇格を見て、大分トリニータがオファーを出し入団したが、シーズン前半で退団。11試合で6得点と調子はよいものの、それ以上の結果を求められ、また、監督の石崎信弘が更迭されたこともあり解雇された。その後、大分は68試合で48得点の実績を持つベンチーニョが入団し、終盤まで昇格争いを演じたが、結果として6位で終わった。大分は翌2002年、J2優勝を飾り、J1へ昇格している。大分退団後はイスラエルへ戻ってプレーを続けた。

2006年、ポーランドのゴルニク・レクズナへ移籍。34歳で現役を続ける。

愛称はアンジー。

Kubicaの発音的には、「クビツァ」、「クビサ」が近い。「クビカ」は誤りだが、「首か」ともじられて揶揄する他チームファンに使われたりした。

長身の割に足下がしっかりしていて、巧みなボールさばきとキープ力でポストを努めたが、電柱プレイヤーとしてのイメージが強く、電柱フォワードに対し、盛田を「モリツァ」、梅田を「ウメツァ」と呼ぶなど、浦和レッズの伝統的な愛称としてその名を残している。

所属暦 ザクレビ・ソスノビエツ(ポーランド)
ラピド・ウィーン(オーストリア)
FKオーストリア・ウィーン(オーストリア)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)
KSVワレヘム(ポーランド)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
OGCニース(フランス)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
浦和レッドダイヤモンズ
大分トリニータ
アシュドドSC(イスラエル)
ベイタル・イェルサレム(イスラエル)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
ゴルニク・レクズナ(ポーランド)
出場試合数 35試合
得点数 11得点
代表暦 ポーランド代表に選出されたことがあるが、試合出場は無し。
タイトル
イスラエルリーグ得点王
コール