×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氏名

三都主 アレサンドロ
よみ

さんとす あれさんどろ

生年月日 1977年7月20日
出身 ブラジル・パラマ州マリンガ市
血液型 A型
身長 178cm
体重 72kg
ポジション MF
利き足
背番号

16(2004)
8(2005〜2006)

解説

左サイドのスペシャリスト。16歳の時に明徳義塾にスカウトされ、日本でプロになることを目指して入学。清水エスパルスに入団し、1999年のステージ優勝、2001年の天皇杯優勝に貢献。

2001年11月12日に日本国籍を取得。改名前は、アレッサンドロ・ドス・サントス(Alessandro dos Santos)。登録名は、従来のままアレックス(Alex)としているが、帰化を機に、報道では三都主と呼ばれることが多くなった。

イングランド・プレミアシップのチャールトンへの移籍を望むも、労働許可が下りずに移籍できなかった。

2004年、浦和レッズに移籍。不動の左サイドとして活躍する。

2005年、マリッチとのゆりかごダンスでテレビに大映し。結構怖いと評判。

2006年、右足ゴール、ヘッドでのゴールを決めて、攻撃の幅が広がった。周りもマスコミも結構びっくりしていたけど、案外一番驚いているのは自分だったりして。でも、練習の賜物だよね。

2007年、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクに期限付き移籍。ブルズカップ直前で太腿の怪我を負い、レッズとの対戦は果たせなかった。リーグ再開後初試合で初先発、初アシストを決める。

日本国籍を取得してからは代表にも選出されるようになるが、ジーコ監督下では左サイドバックのポジションに置かれ、守備も行うようになるが、本人の攻撃を得意としたプレースタイルに合わず、葛藤が生じていた。

オシム監督に代わっても代表に選出されている。古井戸の残り水と呼ばれていたけど、ベテランとしても活躍しているね。

浦和に来てからは、清水時代のドレッドヘアーから丸刈りに。短髪を赤く染めたり、後頭部に「三」と剃りこみを入れたりと、ちょっと遊んでいる。たまに「ALE」をデザイン化した剃りこみを入れていたり。

所属暦 グレミオ(ブラジル)
明徳義塾高校
清水エスパルス
浦和レッドダイヤモンズ
レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)
出場試合数  
得点数  
代表暦 国際A代表66試合出場 5得点(2006年2月23日現在)
タイトル
1998年、天皇杯 優勝(清水)
1999年、Jリーグ2ndステージ 優勝(清水)
1999年、アジアカップウィナーズカップ 優勝(清水)
1999年、JリーグアウォーズMVP受賞
1999年、ベストイレブン受賞
1999年、アジアカップウィナーズカップ決勝ラウンドMVP受賞
2000年、天皇杯 優勝(清水)
2001年、ゼロックススーパーカップ 優勝(清水)
2002年、天皇杯 優勝(清水)
2004年、ナビスコカップ 準優勝(浦和)
2004年、Jリーグ2ndステージ 優勝(浦和)
2005年、天皇杯 優勝(浦和)
2006年、ゼロックススーパーカップ 優勝(浦和)
コール
サントスーアレサンドーロー サントスーアレサンドーロー
サントスーアレサンドーロ レッツゲーットゴール
サントス、アレサンドーロー