×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氏名

田中 マルクス 闘莉王
よみ タナカ マルクス トゥーリオ
生年月日 1981年4月24日
出身 ブラジル・サンパウロ郊外パルミイラ・ド・エステ
血液型 B型
身長 185cm
体重 82kg
ポジション DF
利き足  
背番号

2004(4〜)

解説

闘志みなぎる屈強なセンターバック。ハイボールに無類の強さを示し、競り合いではほとんど負けない。
攻撃参加も得意とし、セットプレーには必ずゴール前に現れる。
試合中、何度もオーバーラップし、DFながら、ゴールやアシストを記録する。チーム内得点王も、水戸、浦和で獲得するほど、攻撃的センスも高い。

日系3世のブラジル国籍だったが、2003年10月に日本帰化。改名前は、マルクス・トゥーリオ・ユウジ・ムルザニ・タナカ(Marcus Tulio Lyuji Murzani Tanaka)。それまで外国人枠でトゥーリオの登録名だったものを、田中マルクス闘莉王に変更した。

2001年、サンフレッチェ広島に入団。新人ながら、外国人選手として期待されたこともあり、コンスタントに出場。

2002年、広島のJ2降格を止められず、責任を感じJ1復帰のためにプレーを続けたかったが、A契約の外国人枠の問題から、J2の水戸ホーリーホックへレンタル移籍。

2003年、水戸でDFながら、チーム得点王を獲得するなどの活躍で、それまでJFLからJ2に昇格したものの下位に低迷していたチームを、12チーム中7位にまで引き上げた。年間成績ではこの年がチーム最高位。

2004年に浦和へ移籍。アテネオリンピック代表にも選出された。

2006年7月26日、15節対大分戦、競り合いで落下した際に背中から落ち、「口や鼻から出血が止まらなかった。内臓かどこかが切れていた」が、90分戦い続けた。
ドイツワールドカップ後の日本代表に選出。2010年の南アフリカ大会を目標としたオシムジャパンの第一選考に入る。

女性や子供に弱い一面を持つ。嫌いではないらしいので、優しいのか、恥ずかしがり屋なのか。

ブラジルへも中継することのある試合では、ヒーローインタビューなどでポルトガル語の返答をする。故郷の両親が見ているから、という。親思い。

所属暦 ミラソルFC(ブラジル)
渋谷幕張高校
サンフレッチェ広島
水戸ホーリーホック
浦和レッドダイヤモンズ
出場試合数  
得点数  
代表暦 2004年、アテネオリンピック代表
2006年、キリンカップ代表選出
タイトル
2004年、ベストイレブン
2005年、ベストイレブン
コール
バモ トゥーリオ
バモ トゥーリオ

われらーととーもーにー

バモ トゥーリオ
バモ トゥーリオ

われらーととーもーにー