×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氏名

田中 達也
よみ たなか たつや
生年月日 1982年11月27日
出身 山口県徳山市
血液型 A型
身長 167cm
体重 63kg
ポジション FW
利き足
背番号

31(2001年)
18(2002年)
11(2003年〜)

解説

ワンダーボーイ。DFを振り切るスピードと切り返しのキレを持つ高速ドリブラー。
高校時代には司令塔として活躍したが、その後ストライカーとして開花。
同じく小柄なスピードストライカー、エメルソンの影響もあり、更にFWとしての姿勢やセンスを磨く。

2001年、高卒ルーキーながら、3月10日の開幕名古屋戦にはベンチ入り。4月29日の第6節、鹿島戦の後半18分にJリーグデビュー。以降、スーパーサブとして試合の流れを変えるプレーをする。

2003年2nd、それまで先発でエメルソンと組んでいた永井に代わり、先発出場するようになる。この頃から、エメルソンのプレーや、ストライカーとしての姿勢について感じるものがあったようで、貪欲にゴールを狙うという思いが強くなる。

2004年にはオリンピック代表として選出された。

2005年10月15日第27節の柏レイソル戦では7-0と大勝するも、相手DFとの接触で途中退場。右足関節脱臼骨折と診断。公式戦復帰は2006年7月19日のアルビレックス新潟戦となる。

2006年、ドイツワールドカップ後の日本代表に選出。2010年の南アフリカ大会を目標としたオシムジャパンの第一選考に入る。

家族は妻、1女。好きなアーティストはケツメイシ。人見知りが激しいが、仲の良い間柄ではやかましいほどにおしゃべりになる。
いたずらが好きで、人のズボンを下ろしたり、他人のジュースを飲んだり、噛んだガムをくっ付けてみたりとやりたい放題。浦和入団の若手には、達也のいたずら対象になれば、チームの一員として認められた、という指標にもなっているとか。

所属暦 徳山市立周陽小学校
徳山市立周陽中学校
帝京高校
浦和レッドダイヤモンズ
出場試合数  
得点数  
代表暦 国際A代表2試合出場 1得点
2002年、アジア 大会
2004年、オリンピック代表
2005年7月31日、VS中国戦で初スタメン初ゴール。
2006年、W杯予選。
タイトル
2003年、ナビスコカップ優勝
2003年、ナビスコカップMVP
2003年、ナビスコカップニューヒーロー賞
コール(1)
カモーン スーパ タァツヤー!
カモーン ワァンダ ボーイ!
(セイ!) ゴール!ゴール!ゴール!
(セイ!) ゴール!ゴール!ゴール!
コール(2) タナカータツヤー レェーオォー
タナカータツヤー レェーオォー